中国人のする台湾式マッサージ

いろんなマッサージ店に通いました。地元でも行きつけがありますし、出張の際には長時間の移動がきつくて、情報誌からおすすお店を探して飛び込みます。その中でも 出張で東京渋谷に行った時に利用した「台湾式マッサージ店」は、これまで100人以上いろんなマッサージ師にマッサージしてもらってきましたが、良かったというかインパクトが強いマッサージでした。40分で3000円と格安な値段に引きつけられたのです。
まず、薄暗いカーテンで仕切られた個室に通されて、作務衣よりももっと簡単なマッサージ着を着せられます。中国語を話すマッサージ師が出てきて温かいタオルで背中を温めてかるいマッサージ。そして驚いたのが、天井に2本棒があって、マッサージ師はそれをつかんで私の背中に立ちはじめ、背中や腰を踏み始めました。びっくりしましたが、かなりマッサージなれしている固くなっている身体には良かったようです。その夜、とても眠れたので、3日程してその同じ店に行って同じメニューを申し込みました。今度は若い、中国語を話す女性が出てきました。個室同士は、私の背中にのれば、しきられたカーテンの上から隣のベッドでマッサージをしている同僚と話せるらしく、マッサージ中ずっと、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ、中国語で話続けるのです。そんな感じだから、私のマッサージに集中しているような感じでなく、とても痛くて死ぬかと思いました。マッサージが終わると腰が立ちませんでしたが、なんとかホテルまで歩いて帰りました。その日は、マッサージをされた箇所が炎症をおこしてるらしく熱感を感じました。地元に帰ってきてしばらく湿布をはっていました。打撲だったかもしれません。中国のマッサージ師の力は相当あります。とびこみは危険なこともありますので、評判を聞いてから飛び込むことをおすすめします。

topに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です