マッサージ後の辛さ

マッサージをすると「もみ返し」がきついということを嘆く人がいます。
「もみ返し」とは何だろう?
と思っていたのですが、実際に体験してみるとかなり辛いことが分かりました。
もう数年前になるのですが、出張先であまりもの重労働で身体全体が筋肉痛で疲れが溜まっていた時のことです。
今まで本格的なマッサージ経験がなかったのですが、思いつきレベルで宿泊先のホテルの近くのマッサージ店に飛び込んだのです。
店内には初老のマッサージ師さんがいたのですが、
「身体のあちらこちらがこわばっているいるので、強めにマッサージおお願いたします。」
そう言ってうつ伏せになりました。
この方の指の強さたるや、すごい力でツボに刺さるような強さでした。
はじめは飛び上がったり、のけ反る程の痛さだったんですが、段々と慣れていくうちにかなり筋肉やわらかくほぐされていく感じでした。
マッサージも終わり、店を出る頃には身体もすっかりと軽くなった感じがしていたのですが、しばらくしてからもみ返しが来たのです。
この時に初めて、その意味が分かりました。
歩きながらホテルに戻ることが辛くなってきた程です。
この経験からマッサージをお願いする時には口コミを重用視するようになりました。

topに戻る